FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

【VE全国大会のオフィシャルスポンサーです】
第52回VE全国大会のオフィシャルスポンサーになりました。

今年の全国大会今週の11月6日(水)~7日(木)に、東京市ヶ谷で開催されます




[ものづくり利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。
 あなたの"ポチ"が励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今年の大会では、2019_VE_SponsorBd.jpg



「TOKYOが変わる、VEも変わる」

として
特にSDGsの達成に貢献するためのVEの役割がメインテーマになっています。



アットマーク・コンサルティング合同会社は、
今年も、そのVE全国大会のオフィシャルスポンサーになりました。

スポンサーボードには、同じくオフィシャルスポンサーである、
三菱電機、ジーメンス、IHI、Sansanなどの企業に交じって
ロゴが掲載されています。



また、これに合わせて、VEむけの紹介ビデオをyoutubeにアップしました。


今までの電子回路設計、電子機器設計の経験をベースに

「電子回路をVEする」

をコンセプトに、VEの導入・発展とVEを活用して、
新製品の企画/開発やSDGsの達成に貢献していこうと思います。


 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


【理論政策更新研修を行いました】
理論政策更新研修を行いました。

この研修は中小企業診断士の資格登録要件として受講が義務付けられていますが、
研修の講師を行うことで受講と同様の扱いになります。

私は、今年で講師として3年目
今回は今年2回目の研修です。

実は、10月12日に2回目を予定していたのですが、
台風19号の影響で中止となりました。




[ものづくり利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。
 あなたの"ポチ"が励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今年の研修のテーマは、
20191025-1.jpg

◎第一部「技術開発型中小企業の
     苦悩事例と支援のポイント」


◎第二部「中小企業のIT/IoT化による
     生産性向上の支援のポイント」


でした。
毎年、近い内容で研修をしていますが、
この一年の私自身の経験からの事例と
そこからの気づきを新たに追加
しての内容でした。


今回は9名の方が参加して頂いたのですが、
何度かのワークを3グループで行ったこともあり、
とっても活発な、双方向の研修となりました。

また、受講者からの質問もいくつか出たり、
受講者間での経験や知見のシェアなども結構あったりで、
気づきの幅の広い研修となったと思います。


やはり、一方的に知識を伝えるだけではなく、
双方向に、参加者同士が話し合って進める形にすると、
とっても活発に、意義のある研修になります。



研修講師は3年目で8回目ですが、
今までで、一番活発だったかなと感じています。

もちろん、受講者に恵まれ、Inputだけでなく、
Outputも重視する受講者が多かったことも大きいし、

3年目で大分慣れてきた、というのも理由でしょう。


なのですが、今年は特に、
受講者間のシェア、受講者の経験を引き出そう、
引き出せるワークと問いかけ、を心がけている
のも
理由のひとつかなと思います。


私自身、ワークでの受講者からの発表内容から
とても良い気づきを得ることも出来ました。

これを自分が主導して出来るというのは、
講師の特権!でしょうか…


来年も研修講師をすることになるでしょう。
私にとっても、とても良い研修でした。


 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


【プロモーションビデオを作りました】
私自身のプロモーションビデオを作ってみました。

やはり、写真より動画の形でメッセージを入れ込んだ方が、
私自身を判ってもらいやすいかと思いました。



[ものづくり利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。
 あなたの"ポチ"が励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


出版したこともあり、
今後、各方面からの問合せや、

私自身をもっと知りたい人が増えてくることを期待してます。
そんな時、HPの”プロフィール”ページも良いんですが、
もう少し何とかならないかなー、と思ってました。

※右の写真のクリックで、YoutubeへJump→

ちょうど、独立3年を超えたのを機に、
写真を新たに取りなおしたので、
これを上手く使えないかと考えていたんですね。



そんな時、「PhotoStage」というスライドショー作成ソフトを見つけました。 

この、たかだか6千円ほどのソフトなのですが、
これがなかなかの優れものです。



スライドショー作成ソフトとなっていますが、
各スライド(写真)に

 〇ズームイン/アウト
 〇パン

などの効果を付けることができます。

スライドの切替りも

 〇(クロス)フェード
 〇左右上下からの出現
 〇パターン
 〇放射・扇・回転

等。


更に、各スライドにCaptionを付けることができて、
そのCaptionの出し方も
〇スクロール
〇タイプライター
〇位置固定

などなど、選べます。

文字のフォントや装飾もそこそこ出来て…


今回作ったビデオでは、
パワポで作ったスライドを画像ファイルにして、
スライド切替の効果をちょっと工夫して使いました。

各写真の表示時間も自由に設定できます。


これだけで、単に写真やスライドを送っていくのに比べて、
格段に見やすく、メッセージが伝わりやすいかと思います。


私の購入したプロ版では、
写真・スライドだけでなく、動画自身も組み込めます


あ、もちろん音声ファイルも付けられます。



実は、今回あるイベントの紹介を何とか上手く出来ないかということで、
探してこのソフトにたどり着き、紹介ビデオを作ったのですが、
結構簡単に、好評だったので、
調子に乗って自分のプロモーションビデオを作ってしまいました。
Seminar-1s.jpg

また、開催するセミナーの紹介ビデオも →  

良い、写真などの素材があれば良いので、
今後、自分のクライアントの製品の紹介にも使ってみようかと思ってます。


「案ずるよりも、産むが易し」
いろいろなツールが安く、手軽に使える時代になったんだと、
改めて感じました。


 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


【出版しました!!! 出版が決まった経緯】
ついに、拙著が出版されました!!!
著書_表紙s

タイトル

 「令和時代を生き抜く
  中小・零細製造業のための
  成長戦略と新製品開発の
  秘訣30」


  (セルバ出版 \1,500)


日本経済が苦しんだ平成から令和の時代になり、
テクノロジーはもちろん、経済・世界情勢の変化が、
より急に、すばやくなっている状況の中で、

中小・零細の製造業がどのように生き残り、成長していくか?

経営分析のフレームワーク、3C、4P、PEST分析などの解説書ではなく
それらのエッセンスを取り入れながらも、

中小・零細企業のリソースで、
「具体的にどのようにすれば良いのか?」
に応えています。

30の秘訣を実践して、
企業が売上げ・利益を伸ばして成長し、
社員も喜びを感じて、良い製品を開発する、
という良いスパイラルになって欲しいとの
願いを込めました。



[ものづくり利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 
  あなたの"ポチ"が励みになります。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


実を言うと、ずっと以前から、
前社を退職する時に

 「出版しようと思ってます」

と、言い切ってました。

退職後には、電子出版の出版社ともコンタクトしたり、
ホームページに、「出版しませんか」とかお話があったり、
していたのですが、なかなか話が進むことが有りませんでした。

退職直ぐのころは、
結局は自分に書くだけのネタ・経験が無かったということ。

暫くして、お話が有った件では、
出版の意図、タイトルが、私のコンサルティングとは合わない、
そうすると、出版しても私のビジネスへの貢献は薄い、とか・・・。

そんなことも有って、ここまで来てしまっていました。



そんな中で、出版社を立ち上げた方と知り合うことが有り、
その関係で、出版セミナーに参加したのが昨年の12月

そこで、[出版企画書]の書き方を教えてもらいました。

それではということで、企画書を何とか書き上げました。


もちろん、企画書を書くにあたっては、
関連する書籍を集中的に数十冊読みました。

ある種の競合対策のようなもの、、、
既に書いてある内容や書き方では特色が出せません。

過去の数十冊の内容とかをそれなりに分析して、
自分が書きたい本の、特徴を定義したり…

書き上げた企画書を出版社、出版コーディネーターの方に
送ったりしたのですが、、、これまた反応が有りません。



そうこうしているうちに
ある日ホームページから「出版しませんか?」の問合せ

今まで、全くコンタクトしたことのないところからでした。

聞くと検討している書籍の内容が、
かなり私が書きたかった内容に近く、
書き上げていた企画書をそのまま、

 「こんな内容でしょうか?」

と送ったところ、Okの返事
で、出版が決まりました。


なんか、タイミングが良い、運が良かった、と
思わなくもないのですが、

結局は、「出版しませんか?」と聞かれたときに、
私自身が Ready 状態だった、
Ready状態にあるようにしていた
というのが大きいかと思います。

問合せが有った時に、
漠然と「出版を」と考えている状態では、
恐らく、出版社もOkとはいかなかったでしょう。


周囲の方に、「出版します!!」と言い続けて
オオカミ少年みたいでしたが、
ある意味、自分に言い聞かせてきた形です。


諦めずに、そちらに向かって少しずつで良いので、
意識・行動を保っていくことが大事なのでしょう。



 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


【DMの発送を自分でやってみた。自ら実践することの大切さ】
セミナーの集客、DMを自分でやってみました。

セミナーの告知・集客はこれまで、

・直接の声掛け、メルマガ、HP、ブログ等で

行ってきましたが、今回は、新たに
 
・DM:ダイレクトメール、パンフレットの郵送

を、初めてということで自分で作って発送してみました。

※因みに、そのセミナーは→こちらです



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今回のDM発送は以下のようにしました

◎A4両面のパンフレット
◎艶無しマット紙に印刷
◎三つ折りにして、長形3号封筒に入れる

します。
約200名の方に発送するので、
郵便局窓口で、「料金別納」を使いました。

DMの発送作業は、20191015_1173.jpg

 1.送付先の住所リストの作成
 2.封筒に送付先を印刷
 3.パンフレットのデザイン
 4.パンフレットの印刷
 5.パンフレットを折る
 6.パンフレットを封筒に入れる
 7.封筒をのり付けする
 8.郵便局で送る

という流れになります。
誰がやるかは別にして、DMを発送するまでは、
これだけの作業が必要になるのですね。

☆-------------------------------------
さて、住所リストは普段からEightへの登録が有ったので
かなり楽に出来ました。

ちょっと大変だったのが、封筒への印刷

エクセルの住所リストから、
ワードの差し込み印刷を使ったんですが、
(あまり使ったことが無かったので)
なかなか思うようにレイアウトして印刷まで
持っていくのに手間取りました。

ここは、封筒に対応している年賀状印刷ソフトを使った方が楽だったかも。

☆-------------------------------------
パンフレットの作成です。20191015_1166.jpg   
デザインは、素人ながらも
いろいろ参考にして作りました。

問題は、やっぱり印刷!
家庭用のインクジェットプリンターで、200枚。
見てくれから、フチなしで、背景画像を入れたりしたので、
印刷に時間は掛かるは、面倒だわ…

フチなし印刷では、自動両面が出来ないので、

片面ずつの印刷になり、

マット紙を使ったので、トレーに30枚くらいしか入らないし、、、。

何と言っても面倒だったのが、インクカートリッジの取り換え。
全6色なんですが、色合いから使われる量がそれぞれ違うので、
ばらばらに「無くなりました」となり、
その都度、一色ずつ取り換えるという…

カートリッジの費用はともかく、
この手間は厳しいですね。

次回は、プリントパックを使うでしょう。
A4両面カラー、艶有り、200部で、約2,000円ですから!!

☆-------------------------------------
三つ折りにするは、やり始めてしまえば20191015_1172.jpg

そんなに時間は掛からなかったし、

封筒に詰めるのも、のり付け/封をするのも、
手間というほどでもない。

そんな感じで、最後に郵便局へ

枚数も会社によっては、何万通とかですから、
200通なんで、あっという間に終わります。

20191015_1174.jpg 20191015_1171.jpg


☆-------------------------------------
私は、基本的には、一度は自分でやってみる、
という主義(?)なので、
やってみたわけですが…

やはり、世の中で出てくるサービス・ビジネスというのは、
それぞれ意味が有るなというのを、改めて実感。

200部という数字でも、印刷は大変だった。
紙の質も含めて、2,000円で出来るのであれば、
普通はそちらを選ぶでしょう。

自分が印刷に掛けた工数=費用を考えると歴然とした差です。
従って、オンラインプリントビジネスが、
充分にビジネスとして成り立つわけですね。

正に、「困りごと」を解決してくれるわけです。


もっとも、違うプリンターを使う(投資して)のであれば、
自分でやる、という選択も妥当な判断とも言えます。

状況によって、判断基準=クライテリアは違うということですね。

☆-------------------------------------
今回、自分でやってみて、とても良かったと思います。
実体験することで、その大変さだけでなく、
関連するビジネスについても、
少し考えることができました。

何と言っても、
コンサルタントは、「実体験」が重要!!!!

それが有るからこそ、
クライアントに、適切な提案が出来るというものです。


さて、郵送したDMの効果は…?

そこは、ダイレクトマーケティングの大家、
ダン・ケネディのように”びっくり”を入れ込めなかったので、
どうでしょうか???? 楽しみです。


 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
 



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。
2018年5月に、「アットマーク・コンサルティング合同会社」を設立し、代表社員に就任した。
 現在は、開発型製造業の複数企業と直接契約を結び、新製品開発・開発効率/品質向上から経営戦略構築までのコンサルティングを行っている。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する