あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

目標の立て方、設定の仕方 ~達成できるか、お題目で終わるか~
先週、金属加工業の企業の支援を行いました。
長年、大手企業から信頼されて受注をしている企業様です。

課題は、近年の状況の厳しさから、仕事・作業の変革を如何に進めるか、です。

当然、相見積による単価ダウンのプレッシャーがきつく、
その中で、要求品質はもちろんの事、
顧客の"満足する"、"信頼に繋げ、差別化できる"品質
どう保ち、向上していくかに悩まれています。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


社長様、工場長様からお話を聞いて、
何点か指摘をさせて頂きましたが、
本格的な助言、対応策については、
社員様のお話を聞くなどしてからになります。


そんな中で、社員さんが立てている目標についての話になりました。
今年の初めに、皆さんがそれぞれ立てた目標です。
その一覧表を見てみると、、、
8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s.jpg

 〇良いものを早く加工する
 〇外の人に顔を覚えてもらう
 〇NGを減らす
 〇時間と効率を考える
 〇実績を上げる
 〇加工技術の向上
   :

どれも、課題を解決し、売上げ・利益を確保するのに必要な内容です。

でも、これらは"目標"として適切でしょうか?


今年も後一ヶ月余りですが、社員皆さんが
これら「目標を達成した」と明確に言えて、
尚且つ、売上げ・利益確保に確実に繋がる
状況になっているでしょうか?


まだ、状況把握が十分な段階では無いですが、
かなり、難しいのではないかと思います。

社長や周りの人からみても、「達成した」と思ってもらうのには厳しいのでは無いでしょうか?


何故なのでしょうか?




それは、「立てた目標自身が適切ではない」からです。


目標には絶対必要な要素が二つ有ります。
それは、

 〇達成/未達成を明確に判断できる内容
 〇期限

です。

先の内容のうち、"良いものを早く加工する"では、
どんな状態が"良いもの"なのか、"早く"とはどれくらいなのか? が、
示されていません。
従って、今年の終わりに本人も周囲も"達成した"と明確に言えないのです。 

今年の目標であれば、期限は"今年末"かもしれませんが・・・。

つまり、上記の"目標"は、"達成するための目標"ではなく、
"努力目標"、或いは、「目的」です。
このままでは、いわゆる「お題目」で終わってしまう可能性が非常に高いです。

"良いものを早く加工する"ことで、品質・コストを確保するわけですが、
その為に、何を実現するか、を明示する事が必要です。

例えば、
 〇良いものを、早く加工する
 →表面精度○○の加工を、△△分で出来るようにする 12月末までに

です。


一般的に、「目標」には"SMART"が必要と言われています。

 □S:Specific: 具体的で有ること
 □M:Measureable: 計測可能であること(定量的・客観的に判断できること)
 □A:Achivable: 達成可能である事
 □R:Related(Relevant): 目的に沿っていること/つながる者であること
 □T:Time-bound: 期限が明確に設定されていること

 *)多少、異なる説が有ります。

これら要素を含んだ目標の設定が、「達成」のために重要です。




また、更に重要になるのは、立てた目標を達成するために、
日々何を行うか? 日々どのように行動するか? 
一緒に考えて決める事が必要です。

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s.jpg

ダイエットでも、「3ヶ月で6kg減」と言う目標に対して、
何を行いますか? 日々の「行動」です。
例えば、

 〇昼食は○○のみに減らす
 〇毎日腹筋を20回、2kmのランニングをする

と言う具合にです。

そして、更に重要なのが、これらの「行動」を実行したかどうかのチェックです。
日々それを実行したか、毎日チェックをすることにより、
自分自身に対して(そして周りに対しても)、ある種の緊張感を持たせることになります。
要は、三日坊主の防止です。




目標を達成し、目的を果たすためには、

 〇適切な「目標」の設定
 〇達成に繋がる日々の「行動」の設定
 〇日々の行動の実績のチェック
 
が必要なのです。

次回訪問では、それぞれの目標設定についても、何がしかの助言をする予定です。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
"当たり前"にこそ、"強み"が有る。"強み"を見つけるコンサルタントのセンス。
今週新たに3社の社長様にお会いしました

それぞれの経営上の課題についてお話をして、
今後の支援の可能性が有るかどうかの判断材料にします。

今回お会いした3社は、製造業は一社だけ、
他の2社は、不動産業と洋菓子店です。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今回、なぜ製造業以外の2社とお会いしたかと言うと・・・。
48b4d2e3f12fc28a628108faa890dd88_s.jpg

企業様から事前に経営の状況と課題についての
資料が出てきたのですが、
不動産業の会社の課題は、「セミナーの質の向上」
洋菓子店の課題は、「店員の技術向上と定着」でした。


不動産業の会社でどのようなセミナーをどのように実施しているかは、
判らないのですが、結局はセミナー自身の質も有りますが、
ターゲットとしている参加者を集められているのか?という所もチェックポイントです。

 ターゲットと違う方々がセミナーに参加しても、"期待と違う"として満足度は上がりません。 
要は「集客」が重要課題のひとつだろうと思いました。

であれば、製造業も不動産業も区別は有りません。
実務でマーケティングをしっかりと叩き込まれた私としては、同じ考え方で支援が出来るのでは、と考えました。


洋菓子店も同じような考えです。 
"技術の向上"にエンジニアもパティシエも違いは有りません。 
パティシエさんの喜びが定着に繋がります。

"エンジニアにものづくりのよろこびを!"としている私としては、
"パティシエさんに、ケーキ作りのよろこびを!" といった所でしょうか。




さて、製造業含めたこの3社の社長さんに、
「御社の強みは何だと思いますか?」

と尋ねましたが、皆さん「うーーーん、有りますかね」との返事。

そんなことは無いだろうと思い、話を聞いていったのですが、、、、


製造業の会社さん、何十年にも渡り大手企業から受注を受け、毎年監査を受けていたとの事。
これは、それだけで"強み"です。 しっかりしたQCDの管理がされていると言うことを証明しています。

 なので、「ここが"強み"ですね」と伝えたところ、

「そうですか? 当たり前かと思っていました」


そうです。自分が"当たり前"と思っているから"他も同じ、強みでは無い"と思ってしまうのです。

他社が出来ないことを"当たり前"にしている、そこが"強み"なんですが、
なかなか気が付かないのですね。

なので、"強み"を見つけるためには、第三者の眼が入るのが良いわけです。




洋菓子店さんも同じでした。
社長さんは、昔ヨーロッパに渡って飛び込みで修行したとのこと。
ヨーロッパの洋菓子を学びたかったそうです。

ここまでこだわっているのであれば、これこそが"強み"です。
この強みを活かしたお店作り・集客と、求人・従業員の技術向上を行っていけば、
従業員の定着も良くなるのでは無いでしょうか。




このように社長さんに、"強みは?"と聞いてもなかなか出てきません。
話していても、"当たり前"に思っているので、さらっと流してしまいます
320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s.jpg

そんな時、"それが強みだ"とピンと来るセンス
これが第三者としてのコンサルタントに求められるスキルの一つです。

それには、業界の知識自身は余り関係有りません。 
返って素人的に俯瞰して見られる方が良いかもしれません。

"強み"を見つけ出すセンス、コンサルタントとして更に伸ばしていかなければなりません。



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
今日は診断士二次試験、試験後に"何か"を始めてみませんか?
今日は29年度中小企業診断士の二次筆記試験の日です。

台風が接近して大雨の中、今最後の事例Ⅳの試験が行われていますね。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


8月の一次試験を突破した方々、
会場に到着するのも大変だった方もいらっしゃると思います。

試験が開始されたら、試験に集中ですね。

7科目もの広範囲の一次試験を突破した方々ですので、
地力は持っているわけですから、
あとは、ちょっとした二次試験のコツ
やりきる・やり切ったと思えるだけの頑張りでしょうか?


一次試験と同じですが、大事なのは終わった後です。

もちろん口述試験は有るのですが、
実質的に今年度の試験は今日で完了です。

二次試験で手応えを感じている人、
力を出せなかったと思っている人、
それぞれいらっしゃるでしょう。

いずれにしろ、力が抜けるのを感じるでしょう。

僅か3年前の私も同じでした。

手応えが有っても無くても、
暫く"勉強する"のはかなりきつい状態になるでしょう。

9cb100eb61794b00a5ad0f504815658d_s.jpg

でも、放心状態がずっと続くのは良く有りませんね。

なので、

 〇「何か中小企業診断士資格を取得してからやりたいこと」
 〇「中小企業診断士資格を活かす上で、役に立つこと」

を始めてみませんか?


因みに私は、3年前の二次試験では、
確かな手応えは無く、どっちの可能性も有る、と言う状態でした。
(どちらかと言うと、厳しいと思ってましたかね)

当然?次の年に向けての勉強を始められる状態ではなく、
何となく悶々としていましたが、

「ブログ」を始めました。

前々からやってみたかったのと、
コンサルタントとして情報発信・書く力を上げたかったんです。

なので、このブログも3年前の11月に始めています
  →診断士2次試験から2週間

診断士試験の勉強で有る必要は有りません。 

診断士資格を活かす何か、コンサルタントとして活かせる何か
この時期に始めてみませんか?

結果が判るまで、今までのペースを維持したいですね。


1次試験と異なり、自分の手応えと結果がかなり異なる事が多いです。

結果が良ければ、やったことはそのまま繋がります。
結果が思わしくなくても、いずれ資格取得すれば役に立ちます。

自分が資格取得したこと、コンサルタントとなったと想像して
何かを始めてみませんか?




因みに、3年前の試験直後はもちろん、
その1年後の資格登録の際にも
昨年4月に独立するなんて全く考えていませんでした。

いろいろな事情で、資格登録の半年後に独立!となりました。

その時、ブログをしていて良かったなと思いました。
週一のメルマガを継続できている一つの理由かなと思います。

 
二次試験の疲れが取れた後、是非、"活かせる何か"を始めてください。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 

理論政策更新研修を行いました
先週土曜日に理論政策更新研修を行いました。

講師として、7月に続いて2回目です。

今回は18名の参加申込みでした。




[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今回のタイトルは、

 〇第一部: 「開発型中小企業の苦悩と支援のポイント」
 〇第二部: 「中小企業白書から見る IT活用の実態とクラウドサービスの活用」

で、合計4時間、講師としてお話をさせて頂きました。


第一部では、
技術力を活かして製品を開発・製造している中小企業が持っている問題点・社長の苦悩、
その苦悩の要因を探った後、その様な企業を支援するときに考慮しなければならないポイントを、
私の今まで支援してきた事例を中心にお話させて頂きました。

開催が土曜日と言う事で、平日の更新研修に参加し難い企業内の方が多かった事も有り、
事例中心の内容はとても好評で、"参考になりました"と言う方が多かったです。

一部の方は、支援の進め方や担当者との打合せなどを、
時系列含めてもっと深く知りたかったという感想も頂いた位です。 28b650bc755a534793915852bcfedd8e_s.jpg

研修の中で、お話した私が思う支援策を考える上でのポイントは、、

 〇開発環境の整備、効率改善により、時間的・精神的余裕を作る
 〇情報(技術・経験・ノウハウ)を蓄積する仕組み作り
 〇技術者の意識向上の仕掛け作り

です。
開発の技術者が余裕を持つ中で、
自身の技術力の向上や作業効率の向上を図って行く事で、
会社組織としての技術力が維持向上できるのだと思います。



第二部では、
昨年の「中小企業白書」がIT、特にクラウドサービス
フォーカスして分析されていた事を受けた内容です。

中小企業でもIT化は進んでいますが、まだまだの企業が多いです。
人的・費用的リソースに制限が有る中小企業には、
クラウドサービスがとてもマッチします。

なぜマッチするのかや、クラウドサービスを提案する際の留意点等を説明させていただきました。



第一部で挙げた事例の中でクラウドサービス導入を提案した企業も有り、
第一部・第二部が割りと繋がった内容だったことも、好評だった一因かと思います。

終了後のアンケートでは、"事例が多く、話が判りやすかった"との評価が多く、
とても有り難いことです。


今週末、3回目、今年度最後の研修が有りますので、更に判りやすくなるようにしたいと思います。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
 
技とテクノの融合展 2017に行って来ました
先週、東京国際フォーラムで開催された

「江戸・TOKYO
 技とテクノの融合展 2017」

に行って来ました。
 (公式サイトはこちら)

去年に引き続いて2回目です。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


この展示会は、東京信用保証協会主催
東京を中心とした中小企業が出展し、
大企業含めたビジネスマッチングを目的としています。
20170928_134247.jpg

私自身は、支援企業のビジネス(販売、技術双方)に、
何らかのマッチングやヒントが得られないか

言う事で行って来ました。

今年は、今支援中の企業様が
出展していると言うのも有ります。



会場はそこそこの広さですが、
各社のブースがそれ程広くないので、
全部で300社ほどでしょうか、結構多いです。


出展企業は次のようないくつかのエリアに
分かれてます。

◎江戸切子などの伝統工芸
◎環境・エネルギー
◎IT・情報通信
◎金属・機械



そんな中で私が興味が有ったのが、やはり、

◎金属・機械、製造関連、IT・情報通信エリア

ですね。


今私は、硝子加工の会社の支援をしているのですが、
そちらの販路・応用分野の拡大を考えています。

そんな中で、硝子に対し、
「蒸着」や「塗布」で
とても、神秘的な美しさを醸し出している企業
有りました。

1社は、プロの食器デザイナーも
よく利用されていると言うことです。


もちろん、直接、直ぐにビジネスが
始まると言う事では無いですが、
今後、合いそうなニーズが出てくれば、
コンタクトをする
と言う事で、
情報を交換させていただくことにしました。


なかなか実際にビジネスに繋がるのは
難しいのですが、だからこそ、
このような機会を多く作っておくことは、
必須なのではないか
と思います。


展示会は、忙しい中小企業の
社長様、経営者様に変わって、ビジネスマッチングを見つける場であり、

コンサルタントとしてとても有益だと改めて感じました。



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

PR

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する