FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光の発電状況…まずまずですかね
昨年11月に新居に引越ししてからの、太陽光発電の状況についてまとめてみました。

〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


 うちは、太陽電池モジュールに追加して、
モジュールが受ける日射を測る日射計と、
モジュールの温度を測る熱電対を取り付けています。

   →"太陽電池モジュール設置! 追加の作業も無事終了。"

グラフは毎月の発電量、日射量、日射量から換算した想定発電量
そして発電量と想定発電量の比(システム係数)です。


太陽光発電推移

   注)1月は日射量計測に欠測日が有る。
    注)2015年11月は、月半ばの引越しからのデータ

 冬至の12月から順調に発電量が増えていき5月にピークです。
やはり6月は夏至にも拘らず、天候の関係で発電量が落ちています。
日射量も5月がピークです。

 因みにうちのシステムは、公称定格3.96kWです。

 発電量/想定発電量で示されるシステム係数は、
発電システムがどれだけの効率で動いているかを示す数値
ですが、

85~93%位です。

2月以降、少しずつ落ちているのですが、
恐らく、温度のせいかなと思っています。

太陽電池は温度が高くなると発電効率落ちますからね。
7月、8月と効率は少し落ちつつも、発電量は回復するはずです。
20160417 4.1kW発電

その後9月、10月と逆に発電量は下がっていって、システム係数は回復
というサイクルを繰り返す事になるのでしょう。

これを毎年のサイクルで比較していければなー、と思っています。


因みに4月17日には、公称定格を超える4.1kWの発電をしていました。
恐らく1分間の平均での値ですが、定格以上の発電もすると言う事ですね。
(この場合は、きっとパワコン側がリミットを掛けているのではないかと思います)



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
マル秘人脈活用術

 
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。