FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もの補助支援事業に目処が立った:もの補助への疑問な所
今週、もの補助での支援企業での開発が山場を超え、目処が付きました。 



[製造業利益向上コンサルタント]のホームページはこちら

〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


開発試作品の基本動作を確認し、
仕上げ・調整を残り2,3週で行う事になります。 
11月末での完了は大丈夫でしょう

4月に一週間程度で申請書を書き上げてから採択され、
7月も終わりに事業開始して3ヶ月半程度
初めてのもの補助支援で、長かったような短かったような…。

いやいや大変でした。 9月10月はほぼ毎週状況確認、
デバッグ作業に私も入りました。 
お陰で良いものができたのではないかと思います。

 何とか補助金交付の条件はクリアできそうですが、これはあくまで通過点。 
開発品を事業化して利益を出してもらわなければなりません。 
それにはもう少し掛かりそうです。
 

しかし、この"もの補助"での補助金交付による事業推進と言うのが、
本当に中小企業のためになったのか、なるのか、と言う事は正直未だ判らない
支援している私自身疑問を感じているのも事実です。



b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s.jpg
 補助金と言う事で、本来は特殊な・緊急避難的なものが
毎年恒例化している事に対してと言う事もあるのですが…。

 特に今回は、4ヶ月・5ヶ月で事業での事業完了が求められています。 
製造業で(以外もそうですが)、
何かをを設計して発注して物が出来てきて、動作確認・調整までを
この期間で行えと言うのは、かなりな無理が有ります。

プリント基板作っていたらそれだけで、一ヶ月は掛かります。 

 実際、今回は厳しいスケジュールの中で、
どうしても事前の確認・シミュレーション、チェックが行き届かない所が有り、
結果として余分な時間と工数・費用が掛かる事になりました。

 正直な所、"設備投資増"とか、"中小企業にも景気拡大の恩恵を"の為という、
いわば政権の都合のアリバイ作り、という感がとても強いです。

 "ものづくり補助金"といいながら、
"ものづくり"の実態を無視、或いは軽視しているのではと思わざるを得ない、
と言うのが実感です。

 もちろん、今回の補助金が有る事で、新たな開発のきっかけになった
と言う意味では重要では有りますが、
真に中小企業に新たな力を吹き込みたいのであれば
考慮される事はあったのでは、と思います。


 この補助事業では、企業に直接的にお金が手元に残るわけでは有りません。
(厚生労働省の助成金とは違うところ)

 少なくとも 1/3は自前の資金を使っているわけで、
それをこの後回収していかなければなりません。

であれば、もう少しものづくりの実態を反映したきちんとした開発ができるような、
制度・条件にするべきではと思うわけです
実際、去年までの制度はその様になっていましたから。


 兎に角、ここまで来て、企業は投資をしたのですから、
回収できるようにこれからも支援を続けていきます。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。