FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業診断士二次筆記試験結果が発表されましたね
今日は、二次筆記試験の結果発表でした。

二年前、丁度日付けも変わったこの時間くらいに、
妻と一緒に協会のHPを見たのを思い出します。
 →診断士、二次筆記試験合格までの軌跡 -7- 二次結果発表

そんな今日は、午後一杯
支援する企業様を訪問して、
現状把握の為、
各担当者にヒアリングしたり、
設計情報の状況を確認したりしていました。

また、明日は近くの商工会議所主催の創業塾の講師です。

もちろん、いずれ独立して…と思って受験した訳ですけど
二年後に、こんなに実際に企業様の支援で
忙しくしているとは、思っていなかったですね。
 


[製造業利益力向上コンサルタント]のホームページはこちら

〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今年の試験結果は、

 ○合格者 842人
 ○号確率 19.2%

多くも無く、少なくともなく、と言うことでしょうか。



●合格された方、おめでとう御座います!
直ぐ口述試験ですね。
落ち着いていれば大丈夫ですが、
落ち着きを持つためにも、

 ○二次試験のおさらい
 ○受験校の模擬口述試験への参加

は、良いかと思います。

口述試験についてはこちら↓
 →明日は口述試験です
 →今日は口述試験
 →口述試験終わりました -かなり気が抜けました-


来年になれば、いよいよ実務補習ですね。
そちらについてはこちらをご参照下さい。
短期間集中で、なかなかタフです。
 →実務補修への準備
 →実務補修への準備 - PC新調 -
 →いよいよ実務補修
 →実務補修: 診断への準備
 →いよいよ実務補修が始まります
 →実務補修中です
 →実務補習、終わりました~~
 →SWOT分析の難しさと醍醐味
 →実務補習と PCスキル:Word編
 →実務補習と PCスキル:Excel編




●残念だった方、今は脱力感?があるかもしれませんが、
それぞれの状況から、今後どうされるかご判断をしてください。

筆記試験の結果が 各事例 ABCDのランクで通知されるますね。
否応無しに? どこが不足していたのかを
ある程度知ることになる訳ですね。
8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s.jpg

でも、絶対に結果の開示請求をして、
具体的な点数を把握
してください。

それをきっかけに、再現答案との照合・自己分析を行って、
来年への糧としていただきたいと思います。
 
中小企業診断士を目指すのですから、
自分自身が PDCAは回さなければ、、、

折角、ここまでやってきたのですから、
出来れば来年も挑戦して欲しいです。
 



いずれにしろ、道・目標をまた新たに設定し、それに向かって進む事になりますね。
皆さん、この結果を事実として受け止め、
次の対応・行動を後悔の無いように取っていただきたいと思います。



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
市場独占マーケティング

 

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。