FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VEスペシャリスト認定試験に合格!
昨年12月に受験した、日本バリューエンジニアリング協会の、
バリューエンジニアリングスペシャリスト(VEスペシャリスト)認定試験に、合格しました。

バリューエンジニアリング(価値工学)は、使用者優先・機能本位などの原則に則り、
物・サービスの目的からその最適手段を適用していくと言う手法で、
商品やサービスの価値を最大限にする為の手段です。 

 主に製造業でのものづくりや建築関係のコストダウンに適用されていますが、
最近ではサービス・業務プロセスやソフトウェアに対しても適用して効果をあげています。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


国内での登録者が300名余りというニッチな資格ですが、DSC_1975.jpg

殆どの方が企業内で、独立したコンサルタントとしての有資格者は十数名です。

VEでは、価値を

  価値=機能/コスト

で表現します。 つまり、コストパフォーマンスを追及します。

VEの良いところは、物・サービスを機能をベースにその目的をまず把握した上で、
その目的を実現する最適な手段を見つけていく、という所です。

従って、単に改良やコストダウンではなく、抜本的に大きな効果を得る事ができる、
と言うことです。

この目的から考えると言うのは、"使用者優先"という原則の一つと共に、

常に"何のために、この機能があるのか、行動するのか?" 

という問いを自分自身に投げかけさせてくれます

自分の思考・行動を常に見返す事が出来るようにしてくれます。


また、企業へのコンサルティングでも、

"何のために、これはあるのか? この手順があるのか?"

という問いをする事で、ムダを無くし、
本来の目的に沿い、目標を達成する道筋・解決策を示唆してくれます。


今後のコンサルティングでは、
VEの手法を展開・適用する事で
企業への支援のレベルをより高めていきたいと思います。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
現代広告の心理技術101

 
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。