FC2ブログ
あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街支援!【産千代稲荷神社の歴史探訪】家康がなぜ戦国時代を終わらせる事が出来たのか?
先日支援している商店街の会長さんと打合せを行いました。

打ち合わせの後、
商店街の町内にある産千代神社
そして大久保長安(ながやす)の、話になりました。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


 大久保長安は、以前のブログにも書いた通り、
猿楽師の身から、武田信玄、徳川家康に仕え
特に徳川家康には重用されて、
東海道など5街道の整備、佐渡金山/石見銀山などの鉱山開発を含め、
今で言うと、財務/国土交通などの要職を任されるまでになった人物です。

 ある意味、豊臣秀吉と同じような出世をした訳です。
 → 地元の歴史、知らなかった

DSC_2042.jpg

 会長さんとの話は、そんな、大久保長安から、
徳川家康に移っていきました。

 そして、会長さんから、

「徳川家康が何で、
 100年に渡る戦国時代を終わらせる事が出来たか
判りますか?」

という質問をされました。

一般的には、
 " 家康が辛抱強く、戦略を練って豊臣を滅ぼし、
  三代将軍家光が参勤交代など、大名が力を貯められないようにした"
とかが出てくるのですが、、、。

会長の言葉は、

 " 一般市民に富が回るようにしたから"

という、シンプルな答えでした。

結局は、

"皆が食べるのに困らなくなればけんか・いくさは起きない!"

と言うことです。

 家康はこの考えの下に政策を実行し、
大久保長安は、いち早くこの家康の考えの理解者となり、
家康の手足となって、実際の政策実行を行ったと考えられます。

その為、家康に重用されたのではないか、と言うことです。

 5街道の整備などの土木事業で、
地方の市民に仕事を提供し、賃金を払う機会を作ったと言えます。




 上記の考えは、戦国時代であれば、
織田信長の"楽市楽座"にも通じるところがあるかもしれません。

 ひょっとすると、田中角栄の「列島改造論」も同じかも、
だから今田中角栄も再評価され始めているのでは無いか、
と言うところまで話は進みました。




 この、
"皆が食べるのに困らなければ、けんか・いくさは起きない"

と言う考え方は、とても"普遍的で共通"なことかと思います。

"富の再分配"ともいえます。

 と、ここまできて、数年前に話題になったピケティを思い出しました。

ピケティは、課税の累進性が段々弱くなっていき、
"富の再分配"機能が段々無くなっていく、と言っていました。




この考えの下に戦乱の世に終止符を打った家康も凄いですが、
それを理解し、実行した大久保長安もなかなか凄いなと思います。


こんな長安ゆかりの八王子、そして商店街

何とか長安、産千代神社で商店街を活性化できないかと、会長さんと話が進みました。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
現代広告の心理技術101

 

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。