あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【気がつけば、二次筆記試験結果が発表、明日口述試験】
先週金曜日は、
今年度の中小企業診断士二次筆記試験結果の発表だったのですね。

もう? まだ? 三年前の事が、昨日の事のように鮮明に思い起こされます。

 →診断士、二次筆記試験合格までの軌跡 -7- 二次結果発表

合格された方、おめでとうございます。


[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      



当時のブログを見ると、

「"まだまだ、診断士としてのスタート地点にすら立つ力が無いんだよ"と
 いわれている気がしていました」

と書いていますね。


三年経った今、コンサルタントとして独立し、
いくつかの企業様から、個別契約を頂いて、
コンサルティングをしているのですから・・・。

もちろん、そのときは、1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_s.jpg


 「いずれ、コンサルタントとして独立を!」

とは、思っていましたが・・・。

三年後にこの状態になっているとは・・・。


特に独立してからですが、

  [中小企業診断士資格 ≠ コンサルタント]

であることを、痛切に感じました。


資格はあくまで資格に過ぎない。
言ってみれば、"英検〇級"と同じです。

単に

 "経営コンサルタントとしての、最低限の知見・経験を有していることを、
   政府・経済産業省が公式に認めた」

に過ぎません。
その意味では、中小企業診断士は"職業ではない"のです。

職業はあくまで"経営コンサルタント"です。

 ◎[日本標準産業分類]でも、"弁護士"、"社労士"は有っても
  "中小企業診断士"は無い

ひとそれぞれ、環境・事情の中で様々な選択が有り得ます。
独立せず、

 "企業の中で、その知見を活かしていく"

という選択が有っても当然です。


今回合格され、明日の口述試験、その後の実務補習・実務従事を経て、
登録される方も多いと思います。

その中で、今の私のように、独立コンサルタントを目指される方も居るでしょう。


その際、重要なのが、

 〇如何に顧客企業を探し・出会い (集客)
 〇如何に信頼を得て
 〇如何に契約を結ぶか (クロージング)

独立コンサルは、企業に"個人"を信頼してもらう必要が有ります。

リピートや紹介は兎も角、
社員を抱える企業が"個人"を信頼して、"未来"を託すのです。

それに応える力の最低限度は、資格取得で得ているのでしょうが、
そのスキルに磨きを掛けるのはもちろんですが、

 「如何に企業という組織に、信頼してもらうか」

のスキルもそれ以上に磨く必要が有ります。
そしてこの部分は、診断士の試験範囲ではないのですね。

だから、自分で別途身につけていかなければなりません。


合格された方は、今後の進む道について、
既に心に決めていることと思いますが、
試験合格後は、
このような現実を克服していかなければならないことを、
頭の片隅において置いてください。

私は独立して、1年半を過ぎましたが、
その辺りもまだまだ、だなと感じています。


そして、不合格だった方、
今は気が萎えているかもしれませんが、
今までの勉強・努力はムダでは有りません。

ですが、より活かすのには、再挑戦という選択肢が有ります。
それぞれの事情が有るでしょうが、
なるべく、再挑戦の選択をして頂きたいです。

そして、一緒に「経営コンサルタント」として、
企業を支援し、そこで働く人たちをHappyにする事に 
一緒に頑張っていきたいです。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する