あっとまーくなコンサルティング
中小企業診断士の、技術系中年コンサルタントの日常
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

【VEスペシャリスト試験から、ちょうど1年】
ちょうど1年前、VEスペシャリストの試験だったのですね。

普段あまり行く事の無い神田が試験会場でした。



[ものづくり利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


2月に合格通知を受け取り
4月から日本VE協会に入ったのですが、
それからの、VE関連の活動が一気に増えました。
20161203_VES試験

 〇4月に VE-Marketing部会に入り、
  VE経験の豊富な諸先輩方と、議論が出来るのはとても
  素晴らしく、有意義な環境だと思っています。
  →[VE専門家検索システム|個人プロフィール]

 〇7月に名古屋で、回路設計VEのセミナーを行い、
  その時の受講者の反応から、
  9月に自主セミナーを開催したのですね。
  有料にも関わらず、遠方からも含めて3名の方に
  参加して頂きました。
  →[VE技術情報交流会で講演しました]
22555048_1746985045313745_8700461120585287614_n.jpg

 〇10月にVE全国大会+アジア大会 に参加しました。
  いくつかの講演・パネルディスカッションを拝聴して、
  VEの可能性とその根底の思想に触れた気がします。
  ネットワーキングパーティーでは、
  とても多くの諸先輩方、企業の方々、
  コンサルタントの方々と知り合う事が出来ました。
  →[VE全国大会に参加しました] 

  オプションツアーの工場見学では、
  VEを実際に工場に展開している様子を
  知る事が出来ましたし、
  参加者の方々とも楽しい時間を過ごす事が
  出来ました。

 〇最近VE関連から、製品開発についての
  コンサルタント契約を結ぶ事が出来ました。

  非常に短期間なのですが、
  VEと診断士のダブル資格の知見と
  電子機器開発の経験を
  フル活用して結果を出したいと思います。

 〇日本VE協会の機関紙"バリュウーコンピテンス"に
  私の紹介記事を掲載
して頂きました。
  雑誌記者の取材と言うなかなか無い経験を
  させて頂きました。
  →[VE協会紙で紹介されました]
20171103_164726.jpg

 〇同じく協会機関紙の"バリューエンジニアリング"に
  VEスペシャリストの合格体験記を掲載
して頂きました。
  1年前の勉強の様子を思い出しつつ、
  体験記を書きました。
  →[VEスペシャリスト 合格体験記が掲載されました]

 〇中小企業診断士協会のVE研究会の中で、
  チームリーダーとして、
  先週実施したセミナーや、
  この後進めていく、VE_seminar_bannar2.jpg

  実際の企業様の経営VEコンサルティングについて
  主導させて頂いています。
  →[リピーター獲得講座] 

VEスペシャリストの資格を得た今年、
自分のコンサルタントとしての軸・方向が、
定まってきた
なと感じています。

その大きな節目となったVEスペシャリスト試験から、
ちょうど1年です。

初心を忘れず、先に進んで行きたいと思います。


 
 ◎来年2月に発行される
  協会機関紙"バリューエンジニアリング"に
  広告を掲載する準備中です。

  今度の発行は、300号記念号であり、
  印刷としては最後になると言うことです。
  その記念号に広告を掲載できるというのも、
  タイミングというものを感じます。

  既に広告は完成しているので、
  ご期待下さい。
  (と言っても、VE協会会員にしか配布されないのですが・・・)


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
ロゴを作りました。
ロゴを作りました。

独立して、個人事業主としてコンサルティングをしていて、
屋号としては

 「アットマーク・コンサルティング」

と届けています。

このアットマーク・コンサルティングとしてのロゴです。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


まだ、会社化はしていないのですが、
そろそろ考え始めている所です。

それから、コンサルタントとしての認知と言う意味でも、
ロゴが有っても良いかな、

と思い、思い切って作ってもらいました。

実は、デザイン会社のキャンペーンで、
とってもお得に作ってもらいました。

これが、アットマーク・コンサルティングのロゴです。



清水様:at-mark_img01





清水様:at-mark_img02









 屋号の"アットマーク"という言葉に

「at」その場に → 一緒に寄り添って支援する

と言う想いを込めています。

なので、ロゴのコンセプトとしては、

  「アットマークの”at”をベースに、
   『at』の文字が寄り添い
   企業様のそばに寄り添って支援する」
 

を表現してもらいました。


「青基調のグラデーション」で
 爽やかで優しい」


と言うイメージも気に入っています。


近々、業界機関紙に広告を出す予定です。

広告の原稿は既に出来上がっています。

Facebookとか、ネット上の広告ではなく、
印刷媒体での広告になります。

やはり、ネットとは違った感覚が有りますね。

このロゴ、名刺やHPはもちろん、
今後いろいろな所で使って行きたいと思います。



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
タウンページで集客! ターゲット・ペルソナ設定の重要性
今週、中小企業診断士資格を持つ有志で講座を開催して、講師を務めました

【1度の来店でファンになる
 リピーター獲得講座】
 詳細はこちら→http://at-consul.com/seminar



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      

 
商店・飲食店・理美容などのサービス業などの方のために、
リピーターを増やして、集客の悩みを解消する方法を、
ワークを中心にして見つけるのが目的の講座でした。

理容業、美容業、畳屋さん、日本酒のネット通販4aa00079a6db652910c42d60b703aeac_s.jpg

4名の方に参加して頂きました。

このような、講座やセミナーを開催する時は、
必ずワーク・演習を入れて、
参加者の方に実際の事業・商売の中でどうか?を、
考えて頂いています。

そうすると、実は私(主催者側)が気付きを得ることも多いです。
今回もそうでした。


参加者のお一人の畳屋さん、
国産の畳を材料(イグサ)を、産地から直接調達するなどして、
数多くの種類を提供しています。


今までの集客の方法や効果についてワークをしていると、

「タウンページをみて、時々来てくれているようだ」とのこと。

タウンページは、NTTが発行する、業種別電話帳です。
 ウィキペディア→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8 

今はもちろんネットでも使えますが、基本は印刷された(結構分厚い)"本"です。
一時は石原良純さんのTVコマーシャルも結構流されていました。

昔は電話に加入していると、電話帳とともに、配布されていました。
ネットの利用で、印刷本はどんどん少なくなり、
我が家でももう随分前から、もらわなくなりました。



そんな印刷されたタウンワークに、
その畳屋さんは、掲載を続けているそうです。

そして、タウンワーク経由で直接問合せや、畳表交換などの依頼が来ているそうです。


恥ずかしながら、販促のメディアとしてタウンワークを
明確に意識した事は有りませんでした。

しかしよくよく考えてみると、861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s.jpg

「畳」に関しての悩みを持ち、解決したいと考える人は、
主としては年配、高齢の方々でしょう。

 畳での生活がなれている世代です。

そうすると、その方々が「畳表を変えたい」と思ったとき、
どうやって畳屋さんを知るのでしょうか?

 もちろん、既に知っている畳屋さんが有れば、
普通はそちらに電話するでしょう。

知らない(つまり新規顧客)場合は????

織り込みチラシは?
畳表を変えるのは何年かおきです。
そのために、チラシを取っておくと言うのは考え難いし、
例え取っておいても、どこに言ったか判らなくなる、
事が多いでしょう。


そうです、年配の方々は「タウンページ」で探して電話してくるのです。

タウンページには、畳屋さんだけでなく、多くの職業のお店や会社が出ています。
自分が必要になった時に、必要なお店を探せるのですね。

ネットを使わない方にとっては、とても便利な情報源です。


これをもう少し考えてみると、

〇ターゲットとして、畳に慣れている少し年配のご夫婦

を想定すると、そのペルソナの特性としては、

〇特性: ネットは使えない・使いたくない
    情報源は、主に紙媒体

と言う事が出てきます。
すると、紙媒体として「タウンページ」出てきます。


つまり、ターゲットを設定して、
その行動特性、つまりペルソナを
定義する事で、より効率的に紹介するための、
メディアが見えてきます。

これを具体的に詳細なレベルまで行い、
ペルソナを具体的にしていくことで、
販促、結果として集客も効率的になると言うことです。


今回の講座では、私も随分と勉強させられました。 

 ☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


   
目標の立て方、設定の仕方 ~達成できるか、お題目で終わるか~
先週、金属加工業の企業の支援を行いました。
長年、大手企業から信頼されて受注をしている企業様です。

課題は、近年の状況の厳しさから、仕事・作業の変革を如何に進めるか、です。

当然、相見積による単価ダウンのプレッシャーがきつく、
その中で、要求品質はもちろんの事、
顧客の"満足する"、"信頼に繋げ、差別化できる"品質
どう保ち、向上していくかに悩まれています。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


社長様、工場長様からお話を聞いて、
何点か指摘をさせて頂きましたが、
本格的な助言、対応策については、
社員様のお話を聞くなどしてからになります。


そんな中で、社員さんが立てている目標についての話になりました。
今年の初めに、皆さんがそれぞれ立てた目標です。
その一覧表を見てみると、、、
8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s.jpg

 〇良いものを早く加工する
 〇外の人に顔を覚えてもらう
 〇NGを減らす
 〇時間と効率を考える
 〇実績を上げる
 〇加工技術の向上
   :

どれも、課題を解決し、売上げ・利益を確保するのに必要な内容です。

でも、これらは"目標"として適切でしょうか?


今年も後一ヶ月余りですが、社員皆さんが
これら「目標を達成した」と明確に言えて、
尚且つ、売上げ・利益確保に確実に繋がる
状況になっているでしょうか?


まだ、状況把握が十分な段階では無いですが、
かなり、難しいのではないかと思います。

社長や周りの人からみても、「達成した」と思ってもらうのには厳しいのでは無いでしょうか?


何故なのでしょうか?




それは、「立てた目標自身が適切ではない」からです。


目標には絶対必要な要素が二つ有ります。
それは、

 〇達成/未達成を明確に判断できる内容
 〇期限

です。

先の内容のうち、"良いものを早く加工する"では、
どんな状態が"良いもの"なのか、"早く"とはどれくらいなのか? が、
示されていません。
従って、今年の終わりに本人も周囲も"達成した"と明確に言えないのです。 

今年の目標であれば、期限は"今年末"かもしれませんが・・・。

つまり、上記の"目標"は、"達成するための目標"ではなく、
"努力目標"、或いは、「目的」です。
このままでは、いわゆる「お題目」で終わってしまう可能性が非常に高いです。

"良いものを早く加工する"ことで、品質・コストを確保するわけですが、
その為に、何を実現するか、を明示する事が必要です。

例えば、
 〇良いものを、早く加工する
 →表面精度○○の加工を、△△分で出来るようにする 12月末までに

です。


一般的に、「目標」には"SMART"が必要と言われています。

 □S:Specific: 具体的で有ること
 □M:Measureable: 計測可能であること(定量的・客観的に判断できること)
 □A:Achivable: 達成可能である事
 □R:Related(Relevant): 目的に沿っていること/つながる者であること
 □T:Time-bound: 期限が明確に設定されていること

 *)多少、異なる説が有ります。

これら要素を含んだ目標の設定が、「達成」のために重要です。




また、更に重要になるのは、立てた目標を達成するために、
日々何を行うか? 日々どのように行動するか? 
一緒に考えて決める事が必要です。

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s.jpg

ダイエットでも、「3ヶ月で6kg減」と言う目標に対して、
何を行いますか? 日々の「行動」です。
例えば、

 〇昼食は○○のみに減らす
 〇毎日腹筋を20回、2kmのランニングをする

と言う具合にです。

そして、更に重要なのが、これらの「行動」を実行したかどうかのチェックです。
日々それを実行したか、毎日チェックをすることにより、
自分自身に対して(そして周りに対しても)、ある種の緊張感を持たせることになります。
要は、三日坊主の防止です。




目標を達成し、目的を果たすためには、

 〇適切な「目標」の設定
 〇達成に繋がる日々の「行動」の設定
 〇日々の行動の実績のチェック
 
が必要なのです。

次回訪問では、それぞれの目標設定についても、何がしかの助言をする予定です。


 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 
"当たり前"にこそ、"強み"が有る。"強み"を見つけるコンサルタントのセンス。
今週新たに3社の社長様にお会いしました

それぞれの経営上の課題についてお話をして、
今後の支援の可能性が有るかどうかの判断材料にします。

今回お会いした3社は、製造業は一社だけ、
他の2社は、不動産業と洋菓子店です。



[製造業利益力向上コンサルティング]のホームページはこちら
〇ブログランキングに参加してます。 あなたの"ポチ"が励みになります。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
      


今回、なぜ製造業以外の2社とお会いしたかと言うと・・・。
48b4d2e3f12fc28a628108faa890dd88_s.jpg

企業様から事前に経営の状況と課題についての
資料が出てきたのですが、
不動産業の会社の課題は、「セミナーの質の向上」
洋菓子店の課題は、「店員の技術向上と定着」でした。


不動産業の会社でどのようなセミナーをどのように実施しているかは、
判らないのですが、結局はセミナー自身の質も有りますが、
ターゲットとしている参加者を集められているのか?という所もチェックポイントです。

 ターゲットと違う方々がセミナーに参加しても、"期待と違う"として満足度は上がりません。 
要は「集客」が重要課題のひとつだろうと思いました。

であれば、製造業も不動産業も区別は有りません。
実務でマーケティングをしっかりと叩き込まれた私としては、同じ考え方で支援が出来るのでは、と考えました。


洋菓子店も同じような考えです。 
"技術の向上"にエンジニアもパティシエも違いは有りません。 
パティシエさんの喜びが定着に繋がります。

"エンジニアにものづくりのよろこびを!"としている私としては、
"パティシエさんに、ケーキ作りのよろこびを!" といった所でしょうか。




さて、製造業含めたこの3社の社長さんに、
「御社の強みは何だと思いますか?」

と尋ねましたが、皆さん「うーーーん、有りますかね」との返事。

そんなことは無いだろうと思い、話を聞いていったのですが、、、、


製造業の会社さん、何十年にも渡り大手企業から受注を受け、毎年監査を受けていたとの事。
これは、それだけで"強み"です。 しっかりしたQCDの管理がされていると言うことを証明しています。

 なので、「ここが"強み"ですね」と伝えたところ、

「そうですか? 当たり前かと思っていました」


そうです。自分が"当たり前"と思っているから"他も同じ、強みでは無い"と思ってしまうのです。

他社が出来ないことを"当たり前"にしている、そこが"強み"なんですが、
なかなか気が付かないのですね。

なので、"強み"を見つけるためには、第三者の眼が入るのが良いわけです。




洋菓子店さんも同じでした。
社長さんは、昔ヨーロッパに渡って飛び込みで修行したとのこと。
ヨーロッパの洋菓子を学びたかったそうです。

ここまでこだわっているのであれば、これこそが"強み"です。
この強みを活かしたお店作り・集客と、求人・従業員の技術向上を行っていけば、
従業員の定着も良くなるのでは無いでしょうか。




このように社長さんに、"強みは?"と聞いてもなかなか出てきません。
話していても、"当たり前"に思っているので、さらっと流してしまいます
320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s.jpg

そんな時、"それが強みだ"とピンと来るセンス
これが第三者としてのコンサルタントに求められるスキルの一つです。

それには、業界の知識自身は余り関係有りません。 
返って素人的に俯瞰して見られる方が良いかもしれません。

"強み"を見つけ出すセンス、コンサルタントとして更に伸ばしていかなければなりません。



 
☆エンジニアの力を 企業の成長に!
☆エンジニアに もの作りの喜びを!


 


プロフィール

hachioji192

Author:hachioji192
50を過ぎた、技術系中年男。
 以前は、外資系ハイテク企業と呼ばれた会社に勤めていたが、2度の転職でベタベタの日本企業勤務を経験。
 電子回路の設計からソフト作成、FPGA設計などの開発をした後、マーケティングに異動して、販促・営業サポートなどをしていた。 あ、転職しても結局30年間、ずっと計測器に関わってきたわけだ。
 2013年夏から中小企業診断士目指し2014年度試験で合格し、2015年9月に診断士登録。 2016年4月に退職して、診断士として独立準備の後、個人事業主となる。
 2015年には区画整理で自宅を移転・新築し、新しい家に引っ越した。

訪問者数

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する